20011/11/13と20の両日に亘って生活環境部の秋の花壇整備が行われました。両日ともここのところ必ずと言っていいほど降る雨に見舞われるコンディションの悪い日にも関わらず朝早くから集まって植え替えを行いました。

     

 2011/11/13(日) 秋の夕暮れと同色に染まっていた キバナコスモスを抜き取り後 元肥・苦土石灰を撒いて耕した後 春先以降まで愛らしく咲いてくれているであろうビオラ210株を定植しました。 その際 同時に植える予定であったノースポールですが 今年は苗の出荷が遅く同時に植えることが出来ずに 一週間後の11/20(日)にプランターと公民館横の大花壇に 同じく210株の定植をしました。

       

♪すみれって すみれって♪

 ブルーな恋人同士が キスしてキスして生まれた花だと思うの♪

今年のとある和倉の旅館のクリスマスディナーショーに来られる歌手の方の歌ですが 本当に定植後の小さなビオラは そんな感じのする花ですね。ブルーの意味の捉え方は人さまざまですが 私は色の良い青さが(性格も)なんともかわいいと感ずるのです。そしてくっ付きあって開いた花は まるで恋人同士のようだと (o^u^o)

矢田郷大花壇のメーターは二十五メートル。小学校のプールくらいの長さのある花壇です。ビオラとノースポールが三コース 一直線に並んでリレーしているような表情の花々を一度見においでませんか。所々には その花花を応援するかのように 日本水仙が見守ってます。水仙の香りが漂って花が笑うまでは もう少し 初冬の花見もよいものですよ。おいでませ 矢田郷公民館へ。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket